Art of Tea
Perfect serve
Perfect serve

色を味わい、香りを聞き、心の声に耳をすませて ’’

上品な甘み。ふわりと豊かに広がる芳香。幾重にも重なる複雑な風味。一口ごとに感覚が研ぎ澄まされていくような、創造的な体験。HEMEL のオートクチュール・ブリュードティーを味わうひとときは、あなた自身の心との対話でもあります。

あなたと HEMEL との出会いをより豊かにする、いくつかのティップスをご紹介します。飲み方に正解はありません。違う飲み方を試してみるたびに新しい一面を発見できるのは、多彩な表情をもつオートクチュール・ブリュードティーならでは。その時の気分に合わせて、自由に。心のままに。新しい自分自身と出会うような創造的な時間をお愉しみください。

静謐な雰囲気

A tranquil atmosphere

たいせつな誰かと語らう時。自分と向き合う時。優雅な時間を過ごす時。HEMEL Haute Couture Brew Tea™ は最高の相棒になります。まずは、お気に入りのスローな音楽を流して。 天気がよければ窓を開けて、ゆっくりと深呼吸。風の音や木々の香りに身をゆだねましょう。心地よい環境が茶の味わいをより豊かにしてくれます。

Step one
1

眠っていた香りが目を覚ます

Optimal temperature to serve

「茶が開く」という言葉をご存じでしょうか。空気と触れ合わせ、エアレーションすることによってタンニンの渋みをまろやかにし、眠っている味わいや香りが目を覚ますのです。まずはデキャンタやカラフェにうつして 15〜20 分のエアレーションを。時間が経つにつれて味わいや香りが変わることも HEMEL のオートクチュール・ブリュードティーの大きな特徴です。

四季や場所をとわず 16〜18°C くらいは飲み頃で、ノーブルな風味や上品な香りが楽しめます。冷やし過ぎてしまうと、香りや味が閉じてしまう恐れがあるので、冷蔵庫から出してお飲みになるときは、常温に近くなるまで少し置いておくことをおすすめします。

Step two
2

特別なグラスで、特別な時間

A special glass for a special time

お気に入りのグラスに注ぐことで、HEMEL のオートクチュール・ブリュードティーを愉しむ時間がより特別なものになります。理想的なグラスの形は、飲み口部分がやや狭く、ボウル部分が少しふっくらとしたもの。一口ごとに香りをかぎながらゆっくりと味わい、愉しんでいただけます。

Step three
3

繊細な香りに耳をすませて

Sense the delicate scent

そっと鼻をグラスに近づけてみましょう。深く豊かな香り、繊細なアロマが語りかけてくるのを感じるでしょうか。口に含む前に、その香りから味わいを想像してみるのも愉しいもの。いつかの記憶や経験をよみがえらせる特別な香りに出会えるかもしれません。

Step four
4

豊かなストーリーを味わう

Explore the quintessence of tea

HEMEL のオートクチュール・ブリュードティーの味わいは、自分自身の心の奥を映しだす創造的な体験、一つひとつが唯一無二のストーリーなのです。はじめの一口はゆっくりと舌の上で転がすようにして、とどめておきます。上品な甘みと芳醇がふわりと広がってゆくのを感じるでしょうか。幾重にも重なる複雑さ、変化や余韻を愉しみながら、秘められた味わいを一つずつひもといてみてください。

Newsletter
HEMEL からのニュースや製品、イベントのご案内などをお送りするニュースレターです。